• 移植後の症状・治療
  • 移植後の経過
  • 拒絶反応と免疫抑制
    • 拒絶反応とは
    • 急性拒絶反応と慢性拒絶反応
    • 免疫抑制療法
  • 感染症
  • 合併症
  • もっと詳しく知りたい方へ

トップ > 移植後の症状・治療 > 拒絶反応と免疫抑制 > 拒絶反応とは

拒絶反応とは

私たちの体には、外部から異物が進入したとき、これを排除しようとする仕組みが備わっています。これが免疫で外敵から体を守る大切な仕組みです。移植された腎臓を体は異物(非自己=自分ではないもの)と判断し、これを排除しようとします。これが拒絶反応です。

拒絶反応には、移植後3ヶ月以内に多く、急激に症状が進行する急性拒絶反応と、それ以降に起こる比較的緩徐に腎機能が悪化する慢性拒絶反応があります(もっと詳しく知りたい方へ)。